40歳からの免許取得と中古の軽自動車

40歳の誕生日を期に車の免許を取ることにしました。周囲からはなんでいまさら免許をとるのか?そもそも取れるのか?とさんざん馬鹿にされましたが、頑張って免許を取ることが出来ました。

最近は大規模な海外のスーパーや自分で組み立てるからこそ安く買える家具屋さんやアウトレットパークが増えていますよね。でもそういうところは車が無いと行けません。今までは主人の車で連れて行ってもらっていましたが、主人の気が向かないと行くことができなかったのです。

けれど、せっかく免許を取ったのに主人は自分の車を私に運転されるのは嫌なようです。ま、ぶつけられるのが嫌なのでしょう。そこで、私のへそくりを切り崩して、車を買うことにしました。軽自動車を中古車で買うことにしました。中古車なので、それこそぶつけてもそんなに悔しくないかなと。それに軽自動車なら運転しやすそうですし。

早速お店に行って車を選びました。中古車といわれなければわからないほど綺麗です。そして軽自動車もたくさんあって、目移りするほどでした。今ではこの中古車の軽自動車は私の宝物です。

初免許、マイカー

息子の大学合格祝いに買ってやった中古の軽自動車

息子が地方の国立の大学に合格しました。幸い寮が完備されている大学なので授業料も仕送りも少なくて済みます。息子なりに親に気を使ってくれたのでしょう。なにより本人の第一希望の大学に現役合格できたので本当にありがたいと思いました。

そこで、息子の合格祝いに車を買ってやろうと思いました。大学が地方なので自然には恵まれていますが、移動が大変そうなのです。けれど入学金やら、教材代やら引越し代もかさみます。そこで、中古車の軽自動車を買うことにしました。

息子が春休みに免許を取るのを待って、一緒に中古車販売店を訪れ軽自動車を探しました。息子はまさか車を買ってもらえるとは思っていなかったようで、とても驚いていました。それから2年が経ちました。中古車の軽自動車ですが、買ってから一度もトラブルが無いそうです。

車を買ってやって良かったなぁと思うのは、割とこまめに家に帰省してくることです。電車だとこうは行かなかったでしょう。今では息子の運転も随分上手くなりました。

主人の単身赴任をきっかけに車を買いました

主人が単身赴任になりました。車も仕事に必要なので持っていくといいます。今まで我が家は車を1台しか持っていなかたのですが、主人の単身赴任をきっかけに車を買うことになりました。残された私と息子二人が買い物やお稽古や塾の送り迎えに使えれば充分です。

そこで、軽自動車の中古車を買うことにしました。中古車販売店には初めて行きましたが、中古車のイメージが古くて汚いと思っていた私には目から鱗でした。どのくるまもちゃんとクリーニングされていて綺麗です。また、整備もきちんとされていました。

その中から気に入ったデザインの可愛い色の軽自動車を選びました。5年前の車だそうですが中古車とは思えません。乗ってみると、主人の車とは違ってコンパクトで運転しやすく軽自動車にして良かったと思いました。

主人が単身赴任になってしまったのは残念ですし、戻ってくるまでの間は少し心細くもありますが、この車を買えたのはちょっとラッキーだったなぁと思ってしまいました。主人が単身赴任の間、家を守るご褒美を先にもらったような気分です。
セカンドカー

愛車と同じ車を探して、中古車を買いました

ずっと乗ってきたかわいい愛車が貰い事故で廃車になってしまいました。幸い怪我は軽く住み、相手の方も良い方で賠償もして頂きました。でも、本当に気に入って長く乗ってきた車に乗れなくなってしまったことが何よりも痛手でした。

何年も前の軽自動車ですが、私にとってはただの車ではなく、一緒に思い出を作ってきた相棒のような存在でした。新しい車を購入しようと、いくつかディーラーを回ってみましたが、どれもこれも失った車に比べると魅力がないのです。いっそ車を買うのを辞めようかとも思いましたが、やはり車が無いと不便です。

そんなことを友人にこぼしたら、中古車で愛車と同じ車種を探してはどうかと言われました。自分では思ってもみないことでした。翌日から早速、軽自動車をたくさん扱っている中古車販売店を探しまわりました。そして何件目かの販売店で、見つけたのです。今まで私が乗っていた車と同じ車種を。本当に嬉しかったです。軽自動車でも中古車でも、この車に私は乗りたいのです。

老後の夫婦の楽しみに買った車

主人が定年を迎えました。勤めていたころは仕事仕事で、趣味らしい趣味も持っていませんでした。定年で家に引きこもってボケられても困るので、二人で一緒にできる趣味は無いかと考えました。

そこで主人に写真を撮ることをすすめてみました。子供が小さい頃は主人はよく写真を撮っていたものです。最近はすっかりカメラを触ることもなかったのですが。案の定、夫は再びカメラをいじり出しました。そこで私は車を購入することにしました。車で二人でいろいろなところに出かけて写真を撮ろうと思ったのです。

早速、軽自動車を中古車で購入しました。私も主人も運転するのは久しぶりなので、もしぶつけてもまぁいいやと思えるようにです。中古車とはいえメンテナンスがきちんとされているようで、乗り心地もよく、軽自動車なので私も怖がらずに運転できます。

それからというもの二人で出かけては写真を撮っています。手に入れたのは中古車の軽自動車というより、老後の楽しみを助けてくれる魔法の絨毯のようです。

老後の楽しみ

夫の実家に同居するために買った軽自動車の中古車

主人の母が高齢になってきたので、主人の実家に同居することになりました。主人は長男ですし、いずれこういう日がくることは覚悟していまいた。といっても私と義理の母は割りと上手く行っているほうだと思うので、同居自体にはそれほど抵抗はありませんでした。

ただ、問題は実家の建っている場所です。ちょっとした小高い丘の上というか、小さな山の上に建っているのです。一度自転車もチャレンジしてみましたが、とても上がり切れません。当然徒歩でもかなりキツイのです。緊急家族会議を開き、車を買うことにしました。

おそらく買い物や家族の送り迎えで、一番運転するであろう私の希望で軽自動車を購入することにしました。ところが新車を見てもなかなかしっくりする車が無いのです。決めあぐねている時にふらりと中古車販売のお店に入りました。そこには少し前の車からすごく前の車までいろいろなメーカーの車がありました。

その中に、私がこれだ!と思う車を見つけることが出来ました。軽自動車で中古車なので、とてもお安く購入できました。しかも中古車とは思えないほど綺麗です。そして小回りの良さも軽自動車ならではです。良い買い物ができました。

念願のマイホームと軽自動車の中古車

念願のマイホームをついに購入しました。家を買ったのはいわゆるベッドタウンです。大きなスーパーやショッピングモールがあって、とっても便利です。でも、唯一不便なのは、とそういったスーパーやショッピングモール行くには車が無いと行けないということです。

もともと我が家には主人の乗る車はあったのですが、私は運転することはありませんでした。少し大きくて運転しにくかったのです。それに、主人の車は主人が車で出かけてしまったら使えません。主人が出かけている間何もできないのも困ります。そこで私用の車を購入することにしました。

でも住宅ローンも組んだばかりなので、軽自動車の中古車で買いました。使用目的が主に買い物なので、軽自動車で充分です。それに中古車でもメーカー保証が付いている車だったので安心です。今は朝、主人を駅まで送っていくのにも欠かせない車になっています。多分主人の車だけだったら私が送って行こうとは思わなかったでしょう。軽自動車で中古車でも私には大切な車になりました。
マイカーでお買い物

田舎暮らしの相棒の中古の軽自動車

思い切って田舎暮らしを始めることにしました。ま、田舎暮らしとは言っても都内の勤務先に通える程度の場所ですが。山があって川があって、自分の畑も借りられて、とっても良いところです。

ただ、都内に住んでいた時にはあまり必要性を感じていなかった車が、生活必需品になりました。なにしろ移動手段がないのです。あるのは2時間に1度くるかどうかのバスだけです。そこで、さっそく車を買いました。軽自動車を中古車で買いました。

なぜ軽自動車の中古車にしたかというと、とにかく安い車が欲しかったというのと、空いている田舎道を運転するので軽自動車でも怖くなかったからです。もうこれが快適で。いつでも好きなときに好きなところに行けるのがこんなに楽なことだとは思いませんでした。しかも道はいつも空いているし(笑)。

軽自動車は無駄なガソリンを食わなくて良いですし、中古車だったので少し前のかわいいデザインの車をお安く買えました。もう、この愛車は私の田舎暮らしに欠かせない相棒です。

事故車を避けて中古車を買いたいなら、「メンテナンスマニュアル」を確認

念願の免許を取ったので、あこがれの車を買おうと思います。とはいえ、駐車場代を浮かす為に、実家の駐車場に車を置かせてもらうという片身の狭い身なので、最初の車は中古車で軽自動車を考えています。

中古車なら値段も安く買えるし、軽自動車なら小回りも効いて良いと思うので。ただ、軽自動車で中古車を買うのに唯一の心配は事故車じゃないかどうかです。やっぱり事故を起こした車は正直避けたいですよね。友達が車関係の仕事をしているので、事故車を見分けるコツがないか聞いてみました。

そうしたら車には「メンテナンスマニュアル」と呼ばれる、言ってみれば整備の履歴の記録を残しておくものがあるそうなのです。この「メンテナンスマニュアル」がちゃんと残っている車なら、今までの修理の履歴がわかるので、安心だろうということです。

へぇ~、と思いました。やっぱり餅は餅屋でした。いくら軽自動車の中古車で安く買えるとは言っても自分にとっては高い買い物です。「メンテナンスマニュアル」を確認して、良い車を買いたいです。

メンテナンスマニュアルを確認する

軽自動車を中古車で買う時のポイント

軽自動車を中古車で買おうと思っています。会社から貰うお給料もそんなに多いわけではないし、アベノミクスと言ってもうちの会社あたりじゃボーナスが上がる気配もないので(笑)なるべく安くてよい車が買いたいと思っているのです。

会社の先輩に、やっぱり軽自動車を中古車で買った人がいるので、軽自動車の中古車を買うポイントを教えてもらいました。まず、走行距離は年式と反比例しているものの方が車の状態が良い場合があるそうです。

なんとなく年式がいっていても走行距離が少ない方が良い気がしますが、そういう車の方があまり乗っていないからとメンテナンスをしていなかったりするらしいです。逆にあまり年式がいっていないのに走行距離が多い車は、メンテナンスはされていても部品が消耗してしまっているので、部品交換を早くしなければいけないこともあるそうです。

なるほど素人には分からないことがあるのだなと思いました。当然買いにいくときは先輩に一緒に行ってもらうことにしました!お礼に居酒屋おごる予定です。