5月, 2014

now browsing by month

 

軽自動車の中古車を選ぶなら相手ブランド販売(OEM)車両も視野にいれましょう

最近、コンビニに行くとプライベートブランド製品として、安く売られているものが多数あります。

よく見れば、他のメーカーで作っている製品と同じなのですが、製造メーカーのラインが空いているときを有効利用して、製品を大量に製造しパッケージ(概観)だけコンビニのブランドに変えて販売しています。

こういった相手先ブランドの製品として販売する方式をOEMと呼んでいます。実は、車にも似たようなことが起こっています。目的は安く販売することではなく、製品のラインナップを自社の開発費や人手を使わずに、より少ない開発費で他メーカーに開発してもらうことです。

ですので、概観は若干違いますが、中身が同じという車両が存在します。軽自動車は中古車になっても値落ちが少ないので、デザインは多少目をつぶり、OEMの軽自動車を探し、見つかるようなら、そのOEM車種で中古車の相場を調べてみると良いでしょう。

もしも購入費用が安く済むようなら、OEM車を購入した方がお得かもしれませんよ?

SONY DSC