4月, 2013

now browsing by month

 

軽自動車を中古車として高く売るために

ここでは自分の持っている軽自動車を中古車として高く引き取ってもらうために、
ドライバーが気をつけること、やっておきたいことを書きたいと思います。

まずは丁寧な洗車です。中古車を見る人も車の外観がきれいな方がいい値段をつけるのは当然です。
また洗車をすると小さなキズを見つけることが出来て、
キズの程度なら自分でコンパウンドで直すことが出来ます。次に自分の軽自動車の車内の清掃です。

車の中の余計なものを外に出しておき、余計なシールをはがし、
マットの汚れを落とし、掃除機をかけてきれいにしておきましょう。

そして中古車を査定する人に自分の軽自動車についての事情、つまりそんな事故をしたのか、
そんな修復・修理をしたのか正直に申告することも大切です。

査定をする人にとっての印象が良くなるだけでなく、正直に申告するときと、
中古車を査定する人が修理の跡、
事故の跡を見つけてしまったときとでは軽自動車につける減点具合が変わることがあるようです。

修理痕

自分の軽自動車を中古車買い取り専門店に査定する

自分の欲しい車の新モデルが出たので新しい車に買い替えたい、
大都市圏に引っ越すので自分の車が特に必要なくなったなどのとき、
出来れば自分の軽自動車をできるだけ中古車として高値で引き取ってほしいものです。

この時自分の軽自動車を中古車買い取り専門店に持って行き、
査定額を出してもらってその結果を分かった上で中古車販売店を複数回る方法があります。

さてここで考えなければならない事は査定してもらった買い取り専門店の店員から
「あなたの軽自動車を自分の所で売りませんか。」というセールス電話をしつこくかけられることです。

このようなことは査定を申し込むときの書類に「査定価格に満足したらこちらから電話します」
と記入することでセールス電話を減らすことができます。

街の中に他の買い取り専門店があればその店でも査定をしてもらうのも一つの手だと思います。
少しでも高値で自分の車を引き取ってもらうためにも時間をかけて慎重に行動しましょう。

査定の際の注意点

軽自動車を中古車として売るときに必要な書類

皆さんの生活環境が変わったり、自分が気に行った車がもうすぐ発売されることになったりして、
自分の軽自動車を中古車として売ることがあると思います。

ここでは軽自動車の中古車を売却する時に必要な書類について説明します。
まずは「自動車検査証」と言われるものです。一般的に「車検証」と言われています。
普通は皆さんの車の助手席前のトランクに入っていると思います。

紛失していれば地元の運輸支局で再交付が可能です。
次に自賠責保険の保険証です。
これがないと車の名義変更が出来ないので気をつけましょう。

もしこれがなければ、加入している保険会社に連絡して再交付してもらいましょう。
次に「軽自動車税納税証明書」という毎年5月に届く書類です。

万一紛失していたら地元の税事務所で再交付してもらいましょう。
そして「リサイクル券」と自分の印鑑(軽自動車の場合、実印でも認印でもいい)
を持って行って中古車販売店に行った上で自分の車を売る手続きができます。

手続きをしっかり

インターネットで中古車の軽自動車を買おう

インターネットが一般的になってだいたい15、6年がたちました。
色々なものがパソコン上で買うことができるようになっています。
今では中古車をネット上で買える時代になりました。

インターネットの検索サイトで例えば「軽自動車」「中古車」、
もしくは「軽自動車 中古車」というキーワードを打てばすぐに中古車の
軽自動車専門の販売サイトにたどりつくことができます。

まずは皆さんが住んでいる都道府県に検索条件を絞り込んでください。
そしてそれぞれの軽自動車にその車の本体価格と全体の価格、
走行距離やその車の年式、カーナビやABSなどのオプションが付いているか、
修理の履歴があるのか等が表示されています。

サイトによってはその車の内装にキズがついていないか、
外装にキズがついているかいないか、普段の走行に支障はないか、
専門の機関に評価してもらった結果まで表示されています。

自分にあった車を探して売っている販売店に連絡を入れましょう。

インターネット購入